三厨

日本誕生の地、大和(奈良)には、
古くから寺社仏閣が多く、
大和の人々は五穀豊穣を願って
神様にお祭り等で神饌をお供えしていました。
三厨は七福神の中で唯一日本の神様である
えびす様に年四回神饌として鯛をお供えし、
それを神饌共食としてお客様と頂く行事があります。

鯛料理

えびす様が左手に抱えられている鯛は
我々へのご褒美との言い伝えがございます。
お祝い予祝、ご褒美に食べて頂きたいと考え
数ある鯛の中でも季節により、一番美味しい調理方法を
三厨の料理職人が御つくりしております

奈良 大和の食材

四季折々の旬食材を使用し、調理方法や出汁にこだわり
一つ一つ丁寧に御つくりさせていただいております

トピックス

2018.12.19 2018.12.02 2018.12.08

えびす様

いつも三厨をありがとうございます。 みなさまご存知でしょうか? 三厨の階段には大きなえびす様のレリーフがあります。 大きすぎて気付かない方もたくさんいらっしゃると思います^^ そのえびす様のことは以前書いたと思いますが...

本日の料理

三厨です。 日曜日も営業しております。 日曜日の営業時間は夕方5時となっております。 本日のつきだし料理です 0742-36-3458 新大宮駅徒歩3分 個室でゆったり。50名様宴会もOK。

三厨の変化

三厨は今、地味にゆっくり変化しています^^ (ゆっくり変化しているのでソファーの色が新しい茶色と現在の緑と2色の時期もありますが、温かい目でみていただけると嬉しいです☆) お楽しみに! 0742-36-3458 新大宮...

お知らせ

お知らせ一覧

三厨のこだわり

鯛料理

三厨では四季折々に手に入る食材を料理人が厳選し、
調理しお酒と共に楽しんで頂き、
一年頑張ったご褒美や、
皆様の願いや想いを予祝として
前祝いのお手伝いをさせて頂いております。

三厨ではいつも新鮮な魚や大和野菜、奈良県産のお米を使用しています。

三厨にはおめでたいモチーフが多くあります。
えびす様は七福神の中で、唯一日本の神様であり、三厨では年4回神饌として鯛をお供えし、それを神饌共食としてお客様と頂いております。
このえびす様が左手に抱えた鯛は、私たちへのご褒美とも言われています。

お祭りで神様にお供えするものを神饌と呼びます。
日本誕生の地、大和(奈良)には、古くから寺社仏閣が多く、大和の人々は五穀豊穣を願って、神様にお祭り等で神饌をお供えしていました。